ぽっこりお腹解消!筋トレ方法を紹介します

ぽっこりお腹解消!筋トレ方法を紹介します

ぽっこりお腹を筋トレで解消するコツ

ぽっこりと出たお腹を解消したいというのは、切実な願いです。

 

年をとると、どうしてもお腹が出てきてしまうのですが、やはり、お腹がぽっこり出ていてはカッコ悪いですよね。

 

しかも、このぽっこりお腹は普通に腹筋をしたくらいでは無くなってくれません。

 

腹筋以外にお腹をへこませる方法は思いつかないし、食事も減らしたくない、キツイ運動はいやだなぁという方におススメ!

 

やっかいな、ぽっこりお腹を解消する筋トレを紹介します。

 

インナーマッスルが大事

インナーマッスルとは、体の奥の方にある筋肉で、内臓を正しい位置で支えたり、関節の位置を整えて姿勢を正しくするのに使う筋肉です。

 

このインナーマッスルが衰えるのがぽっこりお腹になる原因なのです。

 

普通に筋トレをしても外側の筋肉を刺激するだけで、インナーマッスルを鍛えることはできません。
腹筋を割りたい人は普通の筋トレでいいのですが、ぽっこりお腹を解消したい人は、インナーマッスルに効く筋トレが必要になってきます。

 

インナーマッスルを鍛えるには

インナーマッスルを鍛えるのに大切なのは複式呼吸です。

 

複式呼吸とは息を吸うときにお腹を膨らませ、吐くときにお腹をへこませる呼吸方法です。
鼻から息を吸って、口から長く吐き出します。
この呼吸方法でインナーマッスルを鍛えることができます。

 

大きくお腹を膨らませ、ゆっくりと長く息を吐きながらお腹をへこませていってください。
この時、インナーマッスルを意識しながら行うと効果的です。
なれるまでは、お腹に手を当てて動きを確認しながらやるといいですよ。

 

時間があれば仰向けに寝た状態で、足を少し開き、膝を曲げます。
お腹に手を当てて、インナーマッスルの動きをしっかり意識しながらゆっくり複式呼吸をしてください。
この筋トレをドローインといいます。

 

呼吸が筋トレ?と思うかもしれませんが、実際に試してみるときつく、お腹が痛くなってくるので、ぽっこりお腹に効いていることがわかります。
ヨガの呼吸法でもありますし、アスリートもトレーニングに取り入れている、本格的な筋トレです。

 

複式呼吸の効果

腹式呼吸でインナーマッスルを鍛えると、内臓が正しい位置に戻り、姿勢がよくなるので、ぽっこりお腹の解消に効果的で、痩せやすい体になります。

 

それだけではなく、内臓の動きをよくしてくれる効果、ホルモンバランスを整える効果、リラックス効果もあります。
そのため、疲れているときや仕事で集中したいときなどにも効果的です。

 

いつ、何回くらいすればいいの?

この筋トレはいつでもできます。何回やってもいいのです。

 

入浴中に行えば、水圧で効果が高まります
寝る前にベッドの中で行えばリラックスして寝ることができます。

 

通勤中、バスや電車の中で行えば時間の無駄を省けます。
デスクワークの時に行えば集中力も高まります。

 

やればやるほど、効果がでますので、コツコツと毎日続けることが大切です。

 

インナーマッスルを鍛える筋トレで、ぽっこりお腹を解消しましょう。

関連ページ

加圧トレーニングの効果はどんなもの?
加圧トレーニングの効果はどんなものなのでしょうか?加圧トレーニングの効果は何があるのか?

ホーム RSS購読 サイトマップ